シルク・ドゥ・ソレイユ,シルクドソレイユ トーテム

お知らせ
NEWS&TOPICS

スペシャルサポーター ニッチェが「トーテム」魅力をご紹介!

2016年10月07日更新

世界が認めるエンターテインメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユ。50カ国以上から集結した約4,000名のアーティストとスタッフを擁し、これまで公演で巡った場所は世界6大陸400都市以上。人間の持てる能力の限界まで挑戦した壮大なパフォーマンス、芸術的な舞台美術と照明、美しい生演奏、華やかな衣装、躍動的な振付、そして言語の壁を越えた感動的なストーリーに、世界中の1億5千万人以上もの人々が魅了されてきました。 そんなシルク・ドゥ・ソレイユの日本における最新作「トーテム」のテーマは"進化"。過去と現在、そして未来で繰り広げられる"生きることの喜び"を、世界最高峰のサーカス集団による究極のアクロバットと最新技術で七変化するステージとともに魅せてくれます。

現在大阪にて絶賛公演中の本作、来年2017年4月6日~5月21日に仙台公演が決定! それを記念してスペシャルサポーターのニッチェのおふたりが来仙。「トーテム」の見どころをたっぷりと語ってくれました!

ニッチェ

江上「わたしたちシルクの公演は初めてだったんですが、超人技という言葉では足りないぐらいアーティストの方々のパフォーマンスに圧倒されました。特に感動したのが『ローラー・スケート』という演目。ローラー・スケートを履いた2人の男女のダンサーが、直径1.8mの小さな台座の上をもの凄いスピードで回ります!

こんな危険な技は2人の間に信頼関係が無いと無理!と思ったらなんと実際ご夫婦だそうで、そんなところもロマンチック…。しかもムーディーな曲が生演奏をバックに歌われるんですが、私の耳にはどうにも『タマランナァ~♪』としか聴こえずますます盛り上がっちゃって。ここ、ニッチェポイントです」

近藤「女子目線でいくと、男性アーティストの筋肉がたっぷり凝視できる『リングス・トリオ』もイイです。とにかくしなやか。もうイケメンパラダイス。
プロジェクションマッピングを使った演出も臨場感があって凄かった! これ、今までにない試みだそうなので、シルクの公演に何度も来ている方も絶対びっくりしますよ!」

ダイハツ トーテム仙台公演チケットセンター(キョードー東北内)

Photos: OSA Images, Matt Beard Costumes: Kym Barrett © 2010, 2014 Cirque du Soleil © 2015 Fuji Television
Copyright © 2016 DAIHATSU TOTEM Sendai office All Rights Reserved.

Topに戻る